磯子区

『最新版』新杉田のホットヨガスタジオ!人気のスタジオTOP3

2020年4月25日

海で英雄のポーズをする女性

新杉田周辺でホットヨガスタジオをお探しではありませんか?

新杉田駅周辺には大手ホットヨガスタジオLAVAやフィットネスクラブ内のヨガスタジオなど、特徴のあるスタジオがいろいろあります。

中でも人気のスタジオTOP3を詳しくご紹介しますね。

お得なキャンペーン情報もご紹介しちゃいます☆

ホットヨガスタジオLAVA 新杉田店

LAVAスタジオ

ホット ピラティス 男性OK 体験 予約制 回数券 Drop-in

3.0 口コミ(2件
   毎週木曜日定休
  JR根岸線「新杉田駅」出口より徒歩3分・金沢シーサイドライン「新杉田駅」1番出口より徒歩3分・京急本線「杉田駅」改札より徒歩8分(MAP
  無し

料金

入会時 入会金  :5,000円
登録料  :5,000円
施設利用料:2,500円
月会費 ■マンスリーメンバー・フリー(全店通い放題・1日2レッスンまで)
フルタイム(全時間帯可):16,800円
■マンスリーメンバー・ライト(2店舗通い放題)
フルタイム(全時間帯可):13,800円
デイタイム(平日17時まで):11,800円
■マンスリー・メンバー・4(1店舗・月4回)
フルタイム(全時間帯可):8,800円
体験 500円

※金額はすべて税込

キャンペーン情報

体験当日の入会で入会金&登録料10,000円が無料!

JR新杉田駅から徒歩3分にある大手ホットヨガスタジオLAVA。

LAVAの魅力はなんと言ってもプログラムの多さ!

プログラム数は30本以上あり、ヨガが初めての方から経験者の方まで楽しみながら続けられるのが特徴。

通常のプログラムの他、20回以上のレッスンで受講可能なマスターレッスン(無料)やプレミアムワーク(有料)もあり、スキルアップする楽しみもあります。

公式HP

ロコスポーツ杉田

ロコスポーツ杉田

ホット ピラティス 男性OK 体験 予約制 回数券 Drop-in

3.3 口コミ(26件
   毎週水曜日定休
    京急線「杉田駅」駅ビル内(MAP
あり ※2時間200円(最大4時間400円)

料金

入会時 入会金  :なし
情報管理料:5,000円
月会費 ■レギュラー会員:9,500円
全営業時間
■デイ会員   :7,500円
月曜~土曜10:00~18:00
■ホリデー会員 :7,500円
土曜10:00?21:00・日曜・祝日10:00?20:00
■ナイト会員  :7,500円
月曜?金曜18:00?23:00・土曜18:00?21:00
体験 1,000円

※金額はすべて税別

杉田駅の駅ビル内にあるフィットネスクラブです。

ヨガのレッスンは1日1本~3本。

フィットネスクラブなので、ヨガ以外のプログラムやジムやスパエリアの利用もOK!

スパエリアの岩盤浴が人気です。

公式HP

Sukhai YOGA(スカイヨガ)

スカイヨガ

ホット ピラティス 男性OK 体験 予約制 回数券 Drop-in

0 口コミ(0件)
  月曜・日曜・祝日定休
    京浜急行逗子線 六浦駅より 徒歩約15分
あり ※利用の時は予約時に連絡

料金

入会時 入会金及び備品使用料:1,000円
月会費 ■都度払い制
1名参加:4,000円
2名参加:3,500円
3名以上:3,000円
体験 なし

六浦駅から徒歩15分にある完全予約制のプライベートレッスンが受けられる常温ヨガスタジオ。

一人ひとりにあったプログラムで「なりたい身体」に近づけてくれます。

4,000円とリーズナブルにプライベートレッスンが受けられますが、2名以上の参加でさらにお得に受講が可能。

公式HP

 

ホットヨガをやる前の4つのポイント!

ポイントと描いてある画像

ホットヨガが初めての方に、持ち物や参加するプログラム選びやレッスン時の注意点をご紹介しますね。

知っておくとスムーズに初められるポイントがありますよ☆

1.準備編「持って行く物」

ホットヨガに初めて行く時に、あれこれ悩むのがスタジオに持って行く物。

ホットヨガ専用スタジオに通うのか。

フィットネスクラブに通うのか。

常温ヨガスタジオ・ピラティススタジオに通うのか。

でも持ち物は変わってきます。

必ず持って行くものプラス持っていくと便利な物もご紹介しますね。

体験レッスンでは予め用意されているものもあるので、申込時に確認してくださいね。

ホットヨガスタジオ

  • ウエア
  • ヨガラグ
  • 水orウォーターボトル
  • タオル&着替え

ホットヨガスタジオに通うのなら、上記は必須アイテム。

ウエアは吸汗性が良く肩周りが動きやすいもの

ご存知の通りホットヨガは大量の汗をかくので、汗を吸い取ってくれる素材を選びましょう。

袖のあるウエアだと汗で肩周りが動かしにくくなるので、肩周りがゆったりしているウエアやタンクトップがおすすめです。

スポーツウエアのイラスト
ホットヨガウエアおすすめブランドTOP3!失敗しないで選ぶ方法は3つ

ホットヨガウエアが欲しいんだけど、普通のヨガウエアやランニングウエアじゃダメなの? と思ってませんか? 答えは、普通のヨ ...

続きを見る

ヨガラグを持って行く

ホットヨガでは、汗で滑らないように「ヨガマットの上にバスタオルを敷いてください」と言われます。

もちろんバスタオルでも良いのですがバスタオルだとヨレてしまい、なかなかレッスンに集中できません・・・。

そこで、おすすめなのがヨガラグ!

ヨガラグはヨガマットの上に敷く専用のラグで、ヨガマットをすっぽりと包むことができるのでレッスン中にヨレることもありません。

おすすめは滑り止めが付いているもの。

足や手が滑らず力が、しっかり入るのでポーズに集中できますよ。

楽天などでもリーズナブルに購入できます。

LAVAには専用のヨガラグが売っているので、それを購入してもOK。

水はウォーターボトルを持ってスタジオで汲むのがおすすめ

ホットヨガで忘れていけないのが水。

スタジオでは1レッスンでだいたい500ml~1リットルくらいの水を飲むようにすすめられます。

もちろん家から持って行ったり途中で買うのもOKですが、仕事帰りや出先の途中だったりすると重いし、毎回買うのも面倒。

なので、おすすめはウォーターボトルを持って、スタジオで汲むのがおすすめです。

有料ですが、水素水などのウォーターサーバーが用意されているのスタジオが多いので利用すると便利☆

ちなみにLAVAだと月1,200円で水素水が飲み放題になるオプションがあります。

※LAVAは初めに専用バッグ(1,270円)が必要になります。

タオルと着替え

タオルは

  • レッスン中汗を拭くフェイスタオル
  • シャワーの後に使うバスタオル

を持って行きます。

汗を拭くタオルはハンドタオルではなく、フェイスタオルを持って行くのがポイント!

プログラムによってはフェイスタオルを使ってポーズを補助する時もあるので、長めのフェイスタオルがおすすめです。

着替えは、下着を必ず持って行ってください。

ホットヨガは、とにかく汗を大量にかくので下着の替えは必須アイテム。

プラス持って行くと良いもの

プラスして持って行くと良いものはメイクセット。

シャワーを浴びた後にメイクをして帰る方は、メイクセットを持って行きましょう。

また、スタジオによってはボディソープなどのアメニティを用意していないところもあるので、事前にチェックしておくと良いですね。

髪が長い方は髪を結くゴムも忘れずに!

「ホットヨガ」メイクはみんなどうしてる?落とした方がいいの?体験してみて分かった事実とは?

ホットヨガ中のメイクって落とすもの? これから始める方や初心者の方の中には、どうするのが正解か分からない方も多いのでは? ...

続きを見る

ロングとショートが半々の女性
ホットヨガ「おすすめ髪型特集」ショートもボブも前髪だってすっきり可愛くアレンジ!

ホットヨガの時の髪型で悩んでませんか? ポーズの途中で髪が顔に掛かって前が見えなくなったり 後頭部で結ぶと結び目が痛かっ ...

続きを見る

フィットネスクラブのホットヨガや常温ヨガ・ピラティスに持って行く物

フィットネスクラブのホットヨガに行く時はシューズが必要になります。

LAVAなどのホットヨガ専用スタジオは更衣室からスタジオまでは裸足でOKですが、フィットネスクラブでは裸足が禁止のところもあるので、予めシューズが必要か確認しておくと良いですね。

常温ヨガやピラティススタジオは、ホットヨガほど汗をかかずシャワーの設備も無いところが、ほとんどなのでバスタオルやアメニティ・メイクセットは必要ありません。

ウエアは動きやすければ、スウェットやジャージでもOK!

ホットヨガと違って身体が温まるまでに時間がかかるので、夏なら半袖がおすすめ。

冬は長袖や上に羽織る物があると良いですね。

2.レッスン編「プログラム選びのコツ」

ホットヨガやヨガが初めての方には、強度や難易度の低いプログラムがおすすめです

いきなり強度や難易度の高いプログラムに参加すると、ポーズからポーズへの動きが早く、ポーズの名前や流れを覚えていないとインストラクターの動きに付いて行けなくなってしまいます・・・。

なので初めは暑い環境にも慣れるために、難易度の低い座ったポーズが中心のプログラムなどでレッスンの流れとポーズの名前を覚えていきましょう。

5回目くらいにはポーズの名前や流れも分かってくるので、徐々に難易度の高いプログラムにチャレンジすると良いですね。

3.注意すること

ホットヨガは室温が35℃~40℃、湿度50%~60%と室温と湿度が高い場所で行うので、慣れていない方や体調が優れない時には具合が悪くなることも。

レッスン中に少しでも

  • 頭が痛い
  • 気持ちが悪い
  • めまいがする

などの症状を感じたら、すぐにスタジオから出て涼しい場所で身体を休めましょう。

レッスン中にスタジオから出るのは少し勇気がいるかもしれませんが、まずは身の安全が1番。

健康や美容のために初めたホットヨガで、身体を壊してはいけません。

4.体験レッスンに行こう

ホットヨガをやる前のポイントやコツ・注意点をご紹介しました。

  • ホットヨガが初めての方は、もちろん
  • ヨガは経験があるけど、ホットヨガは初めて
  • 今通っているホットヨガスタジオを変えたい

など理由はいろいろですが、行ったことの無いスタジオに行く時は体験レッスンに参加するのがおすすめです。

体験レッスンでスタジオの雰囲気やプログラムの流れ・インストラクターとの相性や持って行く物などをチェックしてから、入会すれば「後で失敗した・・・。」なんて事がなくなりますよ。

あなたに合ったスタジオを、ぜひ見つけてくださいね☆

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
mayu

mayu

「ホットヨガ」「常温ヨガ」合わせると通算でヨガ歴10年になりました。最低でも週に1回はヨガに行かないと体調が悪くなります・・・。ほぼヨガ中毒です。楽しく続ける方法や皆はどうしてるの?といった疑問も私なりに解説してみました。これからヨガを初めるあなたが楽しく続けられたら幸いです。

-磯子区

Copyright© HOT YOGA TIME , 2020 All Rights Reserved.